「私が大げさではなく、本当に命がけで取り組んだ作品です。」

(石原さとみ)

女優・石原さとみさんが、主演映画「ミッシング」(5月17日公開)の大阪プレミア試写会舞台挨拶に、俳優の青木崇高さん、吉田監督と出席。

第1子出産を発表して以降、初の映画出演作となる本作は、石原さんにとって念願がかなっての𠮷田恵輔監督作品の出演となった。石原さんは本作に出演について「7年前に直談判し、その3年後に脚本をいただき、さらに3年後に自身も母親になって撮影に挑んだ作品です。台本を読むと苦しい中にも最後は考えさせられる温かさがあり、本当に辛い撮影になるかもしれない。撮影は本当に苦しかったが涙が出るくらい幸せな時間でした」と振り返りました。

夫を演じた青木さんは、石原さんを「母になって子育ても大変な時期に、そんなつらい思いをする必要なんてないとも僕は思うんですけど、でも石原さとみっていう人は逃げることなくちゃんと作品と向き合う姿に僕はとんでもなく感動しましたと称賛。

石原さんは「こういう作品がやりたかったです。本当にこういう役がやりたかった。学びが多かったです。」とかけがえのない母として挑んだ宝物の作品になりました。

最後に、石原さんは、1年前に撮影しましたついに公開です。個人的な事を言いますと。宣伝は本当は多くなくてもいいと思っていたんですけれども、「できる限りやらせていただきたい。時間がある限り、宣伝させていただきたいという気持ちでこの数ヵ月走ってきました。多くの方に観ていただきたいです。私が大げさではなく、命がけで取り組んだ、作品です」「すごく挑戦です。感動という言葉で表すのは難しく、苦しいけれど温かくて優しい作品です。皆さんに受け取ってもらえたら、その思いを誰かに届けてほしいです」とメッセージを伝えると、会場から拍手が起こり舞台挨拶は終了しました。

【ストーリー】

とある街で起きた幼女の失踪事件。あらゆる手を尽くすも、見つからないまま3ヶ月が過ぎていた。娘・美羽の帰りを待ち続けるも少しずつ世間の関心が薄れていくことに焦る母・沙織里は、夫・豊との温度差から、夫婦喧嘩が絶えない。唯一取材を続けてくれる地元テレビ局の記者・砂田を頼る日々だった。世の中に溢れる欺瞞や好奇の目に晒され続けたことで沙織里の言動は次第に過剰になり、いつしかメディアが求める“悲劇の母”を演じてしまうほど、心を失くしていく。それでも沙織里は「ただただ、娘に会いたい」という一心で、世の中にすがり続ける。その先にある、光に——。

【作品情報】
石原さとみ
青木崇高 森優作 有田麗未
小野花梨 小松和重 細川岳 カトウシンスケ 山本直寛
柳憂怜 美保純 / 中村倫也
監督・脚本:𠮷田恵輔 音楽:世武裕子
製作幹事:WOWOW
企画:スターサンズ
制作プロダクション:SS 工房
配給:ワーナー・ブラザース映画
©︎2024「missing」Film Partners
公式 HP:missing-movie.jp 公式 X:@kokoromissing 公式 Instagram:@kokoromissing #ミッシング

Writer
きらり部の投稿

Writer:きらり部 編集部

自分自身を“きらり”と輝やかせる。女性のためのコミュニティー。美容・コスメ・グルメなど役に立つ情報を発信していきます!

Share this articleこの記事をシェアする

前の記事を見る
健康寿命をのばして、いつまでも元気に、楽しく、美しく!元気な高齢者を応援!一緒にお手入れや化粧を楽しむセミナーが開催されました。