資生堂大阪ビルで

大阪芸術大学生が制作する

ウィンドウーアートを展示

 

「資生堂大阪ビル」のエントランスに、大阪芸術大学生が制作する

クリスマスをモチーフにしたウィンドウーアートを展示

大阪の平成最後のクリスマスシーズンを華やかな色と光で彩ります。

 

 

 

 

資生堂大阪ビルの周辺エリアでは大阪府主催の「光の饗宴」が開催され、多くの来場者で賑わうことから、資生堂ジャパン近畿事業部の若手社員が、「同時期に大阪ビルのショーウィンドウーを活かしておもてなしをしたい」と大阪芸術大に協力を呼び掛けた。大阪芸術大学の橋本健二講師の指導のもと、デザイン学科3年の学生ら19人がウィンドーアートを担当。

 

 

 

 

学生を代表して東森登也さんが発表会に登壇し、「クリスマスをテーマに、資生堂のコーポレートカラーである「赤」をメインカラーに、セクシーさとロマンティックの混ざった深みの赤色を選びました。高さ約6メートルのガラスには、風船の高さを調整し、奥行きを表現するなど工夫し、ツリーやバルーンでわくわく感を出しているので楽しんでほしい」と語ってくれました。

 

 



大阪の平成最後のクリスマスシーズンを華やかに色と光で彩る、ウィンドウーアートを楽しんで!

 

 

【資生堂大阪ビルウィンドウーアート】

【場所】 資生堂大阪ビル

【住所】大阪市中央区北浜3-2-18 1Fエントランス

【期間】2018年12月14日(金)~25日((火)22時まで

 

 

Writer
きらり部の投稿

Writer:きらり部 編集部

自分自身を“きらり”と輝やかせる。女性のためのコミュニティー。美容・コスメ・グルメなど役に立つ情報を発信していきます!

Share this articleこの記事をシェアする

前の記事を見る
Hey! Say! JUMP薮宏太がカンテレ新作ミュージカル『ハル』で約10年ぶりに主演決定!コメント到着♪
次の記事を見る
小さな苺の森をイメージした ストロベリースイーツブッフェ 「 Grove of berry 」2019年1月5日(土)より開催